トップ

駐車場での駐車のリスク

駐車場の隣との距離

賃貸

駐車場での接触事故と補償

駐車場の広さによっては、少々車を出しづらい面があるでしょう。隣との距離が近すぎると、いわゆる接触事故のリスクが高まります。駐車スペースで仮に接触事故を起こしてしまった際は、相手に対して速やかに相談すべきです。必要と感じたら、弁護士や管理会社のスタッフに連絡を入れましょう。自分一人で起こした事故ならば、その損害を迅速に補填しなければいけません。一方で自分が被害者だった場合は、直ちに弁護士に相談の上、駐車場の防犯カメラ等をチェックし、客観的な証拠を集めましょう。自分が事故の被害者と確実に証明出来れば、より有利な形で事故の補償が受けられます。

接触事故で慌てないために

接触事故が意外と多いのは駐車場です。入出庫で、歩道上を横断する際の歩行者との接触や、公道上に出る際の走行車の見落としによる事故、駐車場内で子供の飛び出しや歩行者の見落としなど、様々なシチュエーションで事故が起きやすい場所なのです。案外、スピードが出ていないパーキング内の走行や駐車中は、油断や不注意が起きやすいことが原因ですが、人的ミスは時に避けようがない場合もあります。そんな時に万が一加害者になってしまっても、慌てないためには、事前の備えがモノを言うものです。事故というのは、証拠が一番ですから、事故の証言でやったやらないの押し問答より、事故の動画が強い味方になります。そこでオススメなのがドライブレコーダーです。事故抑止力としても効果的と言われているので、導入を検討してはいかがでしょうか。

駐車場で気をつける情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 駐車場での駐車のリスク. All rights reserved.